中古の複合機を導入するメリットを詳しく解説!

コピー機

OA機器のトラブル

オフィスに欠かせないコピー機は、使っているうちに壊れることがたまにあります。修理を専門に行っている業者があるので、そちらに依頼すると元の正常な状態に戻してくれます。費用はまちまちですが、数万円ぐらいと考えておくと良いでしょう。

詳しく見る

3Dプリンター

立体を出力できる装置

コンピュータで作成したデータを元に立体を出力できる装置を3Dプリンターと言います。CADソフトなどで3次元の情報を持つデータを作れば、簡単に立体を造形して確認できます。製品の形状をチェックする試作品作りなどの場面で多用されています。

詳しく見る

インク

OA機器を選ぶなら

OA機器として、コピー機や複合機、プリンターなどのなどが挙げられます。これらは、今やオフィスの必需品です。多くのメーカーがひしめき合う中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタの製品です。独自開発の「デジタルトナー」の説明を中心に、コニカミノルタの人気の理由をお話します。

詳しく見る

女性

選び方のポイント

消費者が中古の複合機の買う際には何を基準にして選べば良いかですが、それはどういった目的で使用するのかとサポート保証の手厚さを意識して選ぶことであります。これが、消費者にとっては一番最適な買い方となります。

詳しく見る

印刷機

低い予算で導入したいなら

印刷やスキャニング、それにコピー機能が1つになった複合機は、消費者向けにも販売されており、安く買うのが目的の時は中古が重宝します。中古なら高級機種でもお手頃価格で買えるため、高品質印刷や、大量印刷で活用するのが目的の場合でもピッタリです。

詳しく見る

新品にはない魅力がある

女性

どのような利点があるのか

会社に絶対無くてはならないのが複合機です。この複合機を会社に導入することは、もはや当然のことであります。ただし、複合機の導入にあたっては新品にするかそれとも中古するかを検討することになります。どちらを導入するかは、目的別によって異なります。例えば起業したばかりの会社では、できるだけ諸経費を抑えて営業活動費に資金を充てた方がビジネスをより円滑に進めていくことができますので、導入コストが安く済む中古の複合機の方が利点があります。中古の複合機は、新品よりもだいぶ購入費用を抑えることができます。また納期に関しても新品よりも早いので、注文してから1週間程度で納期してもらうことができます。早く導入したい会社にとっては、納期の早さは魅力があります。意外とこの納期の早さは知らない方もいらっしゃいますので、ぜひ覚えておきましょう。以上のように、中古の複合機には利点が沢山あります。なお中古の複合機の買い替えタイミングは、だいだい3年間となっています。中古の複合機の特徴は、寿命はおおよそ3年間と考えておいて下さい。3年後ごとの買い替えが訪れてきますので、もしそれ以上の長い期間で同じ複合機をずっと使用し続けていきたいと考えているならば、新品を購入することを視野に入れても良いでしょう。新品の特徴は、とにかく長持ちすることです。つまり、壊れにくいため3年以上使用し続けることができます。従って新品か中古かを検討する際には、どのくらい使い続けたいのかということも良く検討した方が良いです。

おすすめ記事一覧

3Dプリンター

立体を出力できる装置

コンピュータで作成したデータを元に立体を出力できる装置を3Dプリンターと言います。CADソフトなどで3次元の情報を持つデータを作れば、簡単に立体を造形して確認できます。製品の形状をチェックする試作品作りなどの場面で多用されています。

インク

OA機器を選ぶなら

OA機器として、コピー機や複合機、プリンターなどのなどが挙げられます。これらは、今やオフィスの必需品です。多くのメーカーがひしめき合う中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタの製品です。独自開発の「デジタルトナー」の説明を中心に、コニカミノルタの人気の理由をお話します。

Copyright© 2017 中古の複合機を導入するメリットを詳しく解説! All Rights Reserved.