素敵な空間にする

食洗器の故障を機にキッチンをリフォーム

私の家は築まだ9年ちょっと、そろそろ10年になるという家です。新築のときにビルトインタイプの食洗器がキッチンに入っていたのですが、とうとう故障してしまったので、それを機にキッチンをミニリフォームしました。ビルトインタイプの食洗器は単純に買い替えただけですが、ガスコンロを思い切ってIHクッキングヒーターにしました。その結果、うちの中でガスを使うことがなくなったので、ガスの契約を終了し、ガス代が浮きました。工事費はかかりましたがこれでオール電化にすることができました。新築のときにオール電化にするか迷ったのですが、ガスの調理にこだわっていた妻に押し切られガスコンロにしました。それが10年でオール電化になるとは思ってもみませんでした。築10年にしてもうリフォームです。リフォームするなんでまだ相当先のことと思っていましたが、ちょっとした工事をきっかけにリフォームしておけば、将来大がかりな工事がいらないというメリットもありますからね。

トイレは節水タイプの便器を導入

次にトイレですが、水道料金の高さに悩まされていたので、思い切って超節水タイプのトイレに切り替えました。新築時に付けられていたのは温水洗浄付トイレですが、割と型が古いタイプだったのか、水をかなり多く使うタイプでした。今回のトイレは超節水タイプでとても高い商品でしたが、キッチンのリフォームとセットでお願いしたので、トイレのリフォーム工事を無料にしてくれました。便器の割引はできないとのことで、工事費で調整してくれました。なかなかいい業者さんでした。さて、この新しい超節水タイプのトイレは「小」を流すと、本当にこの水量で大丈夫か、というくらいの水しか使いませんが、渦を巻いて吸い込まれていく力強さを感じました。キッチンもトイレもリフォームできたので、住み始めて10年経った家が、ちょっと違った雰囲気に感じます。

ページのトップへ戻る