複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。

OA機器を選ぶなら

インク

新時代にふさわしい価値を

コピー機や複合機、プリンターなどのOA機器は、今やオフィスになくてはならない必需品です。そのため、市場には多くのメーカーが参入し、消費者にとってはどの会社の製品を選んだら良いのか迷ってしまうことも多々あります。そのような中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタのOA機器です。コニカミノルタは、かつてそれぞれ日本を代表する光学機器メーカーであったコニカとミノルタの合併によって生まれた会社です。コピー機や複合機をはじめとするオフィス関連事業を中心に、他にはない新たな価値を生み出しています。現在、コニカミノルタの大きな強みのひとつと言えるのが「デジタルトナー」です。トナーとは、レーザー方式のコピー機や複合機、プリンターなどで文字・画像を印刷する際に使用される色の粉末です。デジタルトナーは、コニカミノルタが独自に開発した重合法という方法によって製造されているトナーの名称です。レーザートナーでは、細かな文字や写真・イラストの微妙な色調の鮮明な再現が可能です。また、さまざまな種類の紙に対応する高画質な定着性能も持ち合わせています。コピーや印刷にとって最も重要なもののひとつは、言うまでもなくその仕上がりです。その点で、独自のトナーを搭載するコニカミノルタの製品は広く人気を集めています。しかし、それだけではありません。デジタルトナーは、環境性能にも大きな強みがあります。製造過程で発生するCO2、NOx、SOxなど地球環境に悪影響を与える排出ガスは、従来に比べてそれぞれ40%前後も削減することに成功しています。つまり、高品質かつ環境に優しいのがコニカミノルタのトナーなのです。コニカミノルタの製品を選ぶことで、消費者は新しい時代にふさわしい価値を手にすることができると言えます。

おすすめ記事一覧

3Dプリンター

立体を出力できる装置

コンピュータで作成したデータを元に立体を出力できる装置を3Dプリンターと言います。CADソフトなどで3次元の情報を持つデータを作れば、簡単に立体を造形して確認できます。製品の形状をチェックする試作品作りなどの場面で多用されています。

インク

OA機器を選ぶなら

OA機器として、コピー機や複合機、プリンターなどのなどが挙げられます。これらは、今やオフィスの必需品です。多くのメーカーがひしめき合う中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタの製品です。独自開発の「デジタルトナー」の説明を中心に、コニカミノルタの人気の理由をお話します。

Copyright© 2017 複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。 All Rights Reserved.