複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。

OA機器のトラブル

コピー機

専門業者にサポートを依頼

会社などで使われているコピー機は、使っているうちに故障することが稀にあります。オフィスにおいて欠かせないOA機器だけに、動かないままでは仕事もストップするかもしれません。まだ動かないからといって使い続けていると、パーツの摩耗が進み症状が悪化する恐れもあります。コピー機の修理をしてくれる業者があるので、そちらに依頼して早めに見てもらいましょう。修理を依頼するには、まずは業者に連絡をします。多くの場合は電話番号を掲載しているのでそちらにかけることになります。中にはウェブで受け付けている業者もあるので、そちらも合わせて活用してください。連絡後、業者がコピー機の確認に訪れます。実際のトラブルの状況をチェックし、原因の究明や修理に必要な手順などの確認が行われます。その上で修理にかかる時間や費用などが提示されるので、納得できた場合に契約を交わし実際の修理を依頼することになります。費用に関しては、コピー機の症状によって変わってきます。多くの業者で見られるのが、基本料金と技術料を合算するというものです。基本料金は修理を行うスタッフが訪れるのに要した費用のことで、1万円前後が相場のようです。ただしこれは業者の所在地と修理の依頼者が同じ地域にある場合で、もし業者のサポートエリア外のときには多少費用が上がることになります。技術料とは実際の作業に支払う費用のことで、5千円前後が相場のようです。これらに加えて、部品の交換が必要になった時には、それが実費として請求されます。

おすすめ記事一覧

3Dプリンター

立体を出力できる装置

コンピュータで作成したデータを元に立体を出力できる装置を3Dプリンターと言います。CADソフトなどで3次元の情報を持つデータを作れば、簡単に立体を造形して確認できます。製品の形状をチェックする試作品作りなどの場面で多用されています。

インク

OA機器を選ぶなら

OA機器として、コピー機や複合機、プリンターなどのなどが挙げられます。これらは、今やオフィスの必需品です。多くのメーカーがひしめき合う中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタの製品です。独自開発の「デジタルトナー」の説明を中心に、コニカミノルタの人気の理由をお話します。

Copyright© 2017 複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。 All Rights Reserved.