複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。

立体を出力できる装置

3Dプリンター

試作品作りにも便利

立体をプリントアウトできるとして、3Dプリンターが話題になっています。プリンターと言っても写真やドキュメントを印刷する機械とは異なり、データに基づいて立体を造形するのが大きな特徴です。出力するには、オブジェクトをデータ化したCADデータが必要になります。これはCADソフトや3DCGソフトを使って制作することができ、3Dプリンターに対応した形式のデータであれば出力が可能になります。出力される立体はデータのできに左右されるため、CADデータを破綻なく制作する能力が求められます。もしそうしたスキルがない場合でも、カメラによって現実の物体をデジタルデータ化する技術も開発されつつあるため問題はありません。造形には特殊な樹脂が用いられるのも3Dプリンターの特徴です。樹脂を3Dプリンターにセットすると、入力されたCADデータの通りに一層ずつ造形されます。データ分の層を造形することで、立体が出来上がる仕組みです。CADデータを立体に起こせるという3Dプリンターの特徴は、今では企業の様々な現場で活用されています。例えばこれまでCADデータを制作しても、実際にどのような製品ができあがるのかは製造されるまで確認できませんでした。しかし3Dプリンターを使えばその日のうちに試作品を作れるので、立体にした時の不具合なども簡単に確認することができます。同じ立体を複数コピーできるのも、3Dプリンターならではの特徴といえるかもしれません。ハンドメイドで全く同じに作るのが難しい場面でも、このプリンターを使えば容易に複製が可能で作業の効率を上げてくれます。

おすすめ記事一覧

3Dプリンター

立体を出力できる装置

コンピュータで作成したデータを元に立体を出力できる装置を3Dプリンターと言います。CADソフトなどで3次元の情報を持つデータを作れば、簡単に立体を造形して確認できます。製品の形状をチェックする試作品作りなどの場面で多用されています。

インク

OA機器を選ぶなら

OA機器として、コピー機や複合機、プリンターなどのなどが挙げられます。これらは、今やオフィスの必需品です。多くのメーカーがひしめき合う中で、大きな人気を得ているのがコニカミノルタの製品です。独自開発の「デジタルトナー」の説明を中心に、コニカミノルタの人気の理由をお話します。

Copyright© 2017 複合機のトナーならコニカミノルタ!導入するメリットを詳しく解説。 All Rights Reserved.